鈴木秀和 医師 慶應義塾大学医学部内科学(消化器)准教授

慶應義塾大学大学院医学研究科修了。北里研究所病院消化器科医長、慶應義塾大学医学部専任講師などを経て、2011年4月より現職。専門は消化器内科学。特に食道、胃、十二指腸など、上部消化管疾患の診療と研究を行う。機能性ディスペプシア、ヘリコバクターピロリ感染症、胃食道逆流症などにくわしい。